IMG_1985 塾開講時のお子様にアンケートをとりました。みなさん思った以上に良い結果を残してくれました。

私もとても鼻が高いです。アンケートは1つの項目について自由記述で書いてもらいました。その一つをご紹介します。

 

 

 

塾に入って何か変化がありましたか?

当塾に入塾後、勉強に対する考え方の変わる生徒が多くいます。本来、知的好奇心が旺盛なのが、人間です。つまり、新しいことを覚えたり、新しいことをできるようになることは、子供達にとっては、一つの欲求であり、好きなことの一つであります。

しかし、色々な外的要因により、お子様の勉強に対する意識は弱くなりつつあります。当塾は、そういった外的要因を変えてこそ、成績が上がると考えております。

だからこそ、このアンケート結果は、みなさんポジティグな意見が多いとおもいます。

アンケート結果は一番下に画像として、そのまま貼ってあります。

全員が思う一つに成績が上がったと感じること

アンケート結果にも書かれているように、勉強がわかるようになった、成績が上がったという答えが多くあります。

これは当塾の結果であり、過程ではありません。当塾はまず教えることは、学校の授業に変化をもたらせること、それは、「授業を聞いていてもわからない」から「あれ塾で聞いたことがある」「これ知っている」「この問題解ける」「発表しようかな」と思う心を作ることです。どんなに勉強が遅れているお子様でも、塾だけでなく、外の環境にも変化をもたらせることです。

塾で勉強がわかるのは当たり前、それだけでなく、塾に来たことで、大きな変化が起きようとしていることを外の世界で感じさせることです。

そこが私たちのスタートであり、塾が生活の一部になり、必要条件ではなく、十分条件になります。決して必要条件にはしません。それは、お子様が塾がなくては勉強できない環境にはさせないということでもあります。塾に依存するお子様を作ってはいけないということです。ほとんどの塾が必要条件になってしまいます。しかし、それでは塾の時間が全てになり、それ以外での勉強ができなくなります。

そこがポイントになります。

アンケート結果には、塾のことよりも学校や家でのことが多く書かれていませんか? それが当塾の他塾にはない魅力になります。

生徒アンケート その4

 

生徒アンケート その1

生徒アンケート その2

生徒アンケート その3